FXにはどんなリスクがあるの?

未分類

FX取引で気を付けたいデメリットや注意点について説明します。

取引時間がハイレバレッジには要注意長い

最大25倍までのレバレッジをかけることが可能で、少ない金額でも大きな取引収益を期待することが可能なFX。

資金効率の良さはFXの大黄なメリットですが、これは裏を返すと大きな損失が生じる可能性もあるということ。

どんなに市場に精通したプロでも100回の取引で100勝なんてありえません。

外国為替市場は世界中の人、企業、国などが、様々な理由で取引を行う、世界最大のマーケット。

そのすべての取引を把握することなどできませんし、予想もしていなかった理由で相場が動くことはいくらでもあります。

自分の思っていた方向と逆に相場が動いた時にどれぐらい損失が出るのか。きちんと把握する必要があります。

一階の取引でこれ以上負けたくないというポイントの前にロスカット注文を置いて、しっかりとマネージしましょう。

自分が見ていない時にも相場は動いている

24時間取引が可能ということは、自分が仕事をしていたり、寝ているときにも相場が動いているということ。

ポジションを持っている間中、取引画面に張り付いて相場を見ている訳にはいきません。

見ていない時に大きな動きが出て、思わぬ損が出るなどということが無いように、ロスカット注文をしっかり入れて、不意な動きに備えましょう。

システムリスクに注意しよう

インターネットを通じて取引を行うことが一般的なFX。

金融庁がしっかりと監督していることもあり、FX業者の取引システムのエラーで取引ができないというケースはまれになっていますが、絶対というわけではありません。

また、自分が取引に利用しているPCやスマホが急に壊れて取引できないなどというケースも。

業者のリスクに関しては、複数の業者に口座を持るなどの対応が有効。

自分の取引ツールの不調に関しては、PCとスマホ、どちらからでも取引ができるようにしておくことと、ロスカット注文をきちんと入れて、もし取引ができない状況で相場が動いても損失を限定しておくことが大事です。

 

タイトルとURLをコピーしました